ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全ひょうご労働安全衛生センターのtop pageひょうご労働安全衛生センターのセンター概要ひょうご労働安全衛生センターのtopics機関紙活動案内ひょうご労働安全衛生センターへの入会案内アスベスト・労災・職業病等のお問合せリンク
ホーム > 活動報告


ひょうご労働安全衛生センターの活動報告


アスベスト・石綿・職業病・メンタルヘルス等の問題の解決に取り組みます


アスベスト・長時間労働・メンタルヘルスなど、随時討論・交流・安全パトロールの実施


 職場における危険箇所の改善活動を交流する「安全衛生交流会」を開催しています。テーマを決め、参加者が資料を持ち寄り意見交換と交流を行っています。
 また、職場を訪問し、安全衛生委員会のメンバーと共に安全パトロールを実施する企画も取り組んでいます。  普段何気なく見過ごしていたり、気が付かない点を学びあえるところに、点検・交流の良い点がありますし、安全パトロールを通じて快適な職場づくりにもつながっています。
労災・職業病・メンタルヘルス保守に対するパトロール




情報の発信・提供、『ひょうご労働安全衛生』


 毎月1回、機関誌「労働安全衛生」を発行しています。労災認定事例の紹介や、安全衛生に関する兵庫県下の動き、医療・行政・司法等の分野からの情報や動向を掲載しています。
 また、全国安全センターが発行する「安全センター情報」や全国の地域安全センターからも情報・資料提供を受け、運動・行政・研究等各分野の最新情報や動向の解説、全国各地の状況など、他では得られない情報を発信しています。
 また、学習テキストとしての「安全センターハンドブック」も発行しています。


メンタルヘルス・労災防止等、労働安全衛生講座の開催


 安全衛生問題への関心を高めるため、毎年秋に「労働安全衛生講座」を開催しています。
 これまでに、メンタルヘルスアスベスト安全衛生活動パワーハラスメント労災保険の手続きなどをテーマに、県下数箇所で開催しました。2007年度は、「快適な職場環境づくりノウハウ講座」を、2008年度は「働く者のセーフティネット」をテーマに、神戸・姫路・豊岡で開催しました。
 また、学習会や講座の開催についてのアドバイスや講師の派遣に応じています。
労災・職業病・メンタルヘルス保守に対する啓蒙j事業・講座の開催



労災認定・補償問題等での相談対応

  労災認定・補償問題や安全衛生問題等の相談に専門スタッフが応じています。医師、法律家、研究者などの専門家の協力が必要な場合にも応えられるように、専門家とのネットワークを広げています。
 毎年秋には、全国一斉の「労災職業病ホットライン」を開設しているほか、日常的にも相談に応じています。最近ではアスベスト問題にテーマを絞ったホットラインを開設しています。
労災・職業病・アスベストの保障認定での相談対応





 クボタショックによるアスベスト被害者の相談が急増したことにより、2005年8月「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会ひょうご支部」を結成されました。2008年4月には岡山支部が結成されました。兵庫県は造船をはじめ、大きな企業が多数あります。そしてそれらの企業に関連する会社も多く、アスベストによる被害が今後も増えることが必至です。
 更には、1995年の阪神淡路大震災による建物倒壊から発生したアスベスト飛散は、大きな脅威になっています。
 定期的に開催される集まりでは、患者さん同士の治療法や健康管理の情報交換が語り合われます。そしてそのすぐ横の輪では家族の方たちが、和やかに近況報告など楽しい語らいが行われています。
アスベスト問題・労災職業病被災者・遺族の交流



諸団体との連携・国際交流

 全国労働安全衛生センター連絡会議や地域安全センターとの情報交換や連携を強め、全国的な運動の展開を行っています。
 また、兵庫県下の労働組合との連携を強めると共に、「中皮腫・じん肺・アスベストセンター」「関西労働者弁護団」「アスベスト訴訟関西弁護団」「ひょうご労働法律センター」との連携を強めています。
 さらに、韓国・民主労総との交流や、アスベスト問題を通じ国際交流に勤めています。
アスベスト問題・労災職業病被災者・遺族の交流



NPO法人としての活動をスタート

 アスベスト問題で明らかになったように、企業の利潤追求を第一に考えた作業環境は、業務に従事する労働者だけでなく周辺に居住する人々にまで健康被害、環境被害を引き起こしています。
 私たちはこのような問題に正面から取り組み、被災労働者及び健康被害を受けた周辺住民と手をたずさえ、国や企業に一刻も早い救済を訴える運動を取り組んでいます。
 そのため06年5月の定期総会において、特定非営利活動促進法に基づいた特定非営利活動法人への移行を決定し、認証を得たことにより、06年11月からは特定非営利活動法人ひょうご労働安全衛生センターとしての活動をスタートしました。


行政機関へのアスベスト・メンタルヘルス・労災等に関する政策提言

 毎会、全国センターとして厚生労働省交渉を行っています。兵庫労働局における労災保険審査官の不正については、兵庫労働局との交渉を行うとともに、厚生労働省交渉においても追及しました。
 また、阪神大震災時の解体作業で中皮腫を発症した問題で、「震災アスベスト被害ホットライン」を開設し、相談結果をもとに、兵庫県に対し政策提言を行っています。
アスベスト問題・労災職業病被災者・遺族の交流




アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで






ひょうご労働安全衛生センターの活動



ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

ひょうご労働安全衛生センターのサイトマップ



メンタルヘルス・石綿・職業病・労災と戦うひょうご労働安全衛生センター

NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報