ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 16/06/01


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2016-06-01 新名神道路の延長工事に伴う事故
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 4月22日、神戸市北区の新名神道路延長工事「有馬川橋設置現場」で、長さ120メートル、重さ1350トンの橋桁が落下する事故が発生し、2名の労働者が死亡、8名が重軽傷を負いました。被災労働者の救済や遺族補償などはもちろん最優先すべきですが、事故原因を究明することも同じくらい重要です。

 その矢先の5月19日、今度は箕面市の新名神高速道路延長工事「余野川橋現場」で、橋桁を支える鉄製の支柱台「ベント」(高さ13メートル、重さ21トン)が倒壊しました。ケガ人が発生しなかったのは不幸中の幸いですが、報道で驚いたのは「西日本高速道路は管内で実施中の工事114件を全て中断し安全点検をやり直すと決めた」という発表です。同社によると、4月の事故発生後いったん全ての工事を中断して点検し、4月28日には「安全が確認された」として工事を再開し、余野川橋現場も同社関西支社の社員が目視で「問題無し」として再開を指示していました。原因不明でも工事を再開していたことになります。
 高速道路の建設現場でよく見かける、橋桁を支えるベントは「通常の作業」だと言われています。
 では、何故倒れたのでしょう?村尾光弘関西支社長は「全く分からない」とし、「人員不足や工期の重圧といった影響は無い」とコメントしました。工事関係者によるとベントと橋桁の間には作業用の「サンドル」という板状の部材が挟まれており、「工事計画のため適切な範囲内で(下請業者が)それをズラしていた」「5月にしては気温が高く、橋桁が数センチ伸びていた」ため均衡が崩れた、と語っています。でも、そんな高速道路の工事現場は沢山あるのではないか、と考えてしまいます。
 新名神は当初の18年度開通予定を今年度内にしたという「いわくつき」の工事です。高速道路の工事現場は到る所にあり、点検で原因を見つけることが出来ないのなら「みんな危ない」ということになります。一刻も早い原因究明と対策が求められています。

 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報