ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 16/06/21


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2016-06-21 熊本地震被災地アスベスト調査
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 4月14日と16日の2度にわたり震度7を記録した熊本地震では、多くの人的被害と共に住宅被害は15万5千棟に及んでいます。4月以降も余震は続いており、避難している人の震災関連死も発生しています。

 被災した建物にはアスベストを含む建材が使用されていることが多く、地震による直接の被害とその後の解体・撤去作業によりアスベストが飛散する可能性が被災地では高まっています。今回、6月19日から21日までの3日間、被災地熊本におけるアスベスト飛散調査を取り組みました。

 被災地においては、被害を受けた建物の取り壊しや撤去作業が本格化する時期を迎えています。阪神淡路と東日本大震災を経験した私たちは、こうした作業においてアスベストが飛散する危険性が高まっていることがわかります。

 今回、熊本市の扇田環境センターと東部環境工場における調査を実施しました。最初に熊本市西部の扇田環境センターの処分場を調査しました。不燃物の埋め立て処分場へは、瓦やブロック塀などに交じって外壁用の窯業系サイディングなどレベル3の建材も見られました。実際詳しく調べなければこれらの建材の中にアスベストが含有されているのかわかりませんが、あまりにも無造作に扱われていました。作業している人もマスクなど着用せず重機で粉砕するなど、全くアスベスト建材に対して意識がありません。

 次に、熊本市東部の東部環境工場とその近くの戸島という地域にある震災ゴミの仮置き場で調査を行いました。東部環境工場の敷地にはガレキや生ごみが混じった震災ごみが山のように積まれていましたが、「一時よりは減った」との説明でした。今は分別をして可燃ごみは焼却処分をしているそうです。戸島の仮置場も分別されないゴミがいくつもの大きな山になっていましたが、ここでもサイディングや石膏ボードなどレベル3の建材が混入していました。
 残念なのは、大雨避難警報が発令される状況のため、測定を実施出来なかったことです。罹災証明の発行遅れのため、被災家屋の解体はこれから本格化します。倒壊家屋の解体・撤去作業において作業員に対する教育を十分に行い、アスベスト含有建材を適切に処分し、震災によるアスベスト被害が再び起こることが無いようにしなければいけません。

 21日の夜は、熊本県民交流館において、「震災とアスベスト」をテーマに緊急シンポジウムが開催されました。阪神淡路大震災と東日本大震災におけるアスベスト対策の経験を基に、今回の熊本地震における課題を考える企画です。

 シンポジウムは、最初に永倉冬史氏(中皮腫・じん肺・アスベストセンター)から「アスベストについて」と題して、アスベスト関連疾患や使用状況に関する解説がありました。 次に、熊本学園大学の中地重晴氏から、阪神淡路大震災と熊本地震を経験した報告が行われました。外山尚紀氏(東京労働安全衛生センター)からは「東日本大震災でのアスベスト対策」と題して、この間の東北での調査状況と課題について報告が有りました。最後に、立命館大学の南慎二郎氏から「二つの震災から学ぶアスベスト対策」について報告があり、平時からの保護具の備蓄や行政の管理体制の必要性が訴えられました。
 シンポジウムには、熊本県と熊本市の担当者の参加とアスベスト対策の現状についての報告がありました。これから倒壊家屋の解体や撤去作業が本格化する中で、行政との連携も求められており、問題意識の共有という点でも今回のシンポジウムは有意義な取り組みとなりました。

 被害の大きい益城町を歩きながら倒壊した家屋を目の当たりにし、阪神淡路大震災の被災地の状況が蘇りました。道が大きくたわみ、倒壊し傾いた建物群の中に居ると平衡感覚を失う状況でした。避難所や自宅の庭にテントを張り暮らしている方々の姿も多くありました。一日も早く、以前の生活に近づくよう願うしかありません。
 しかし、復興を急ぐあまりにアスベストにばく露する事態が生じてはいけません。大震災を経験し、アスベスト被害を経験した私たちだからこそ、熊本の人たちに伝える課題があります。今回は大雨のため実施することが出来なかったアスベスト飛散調査を、改めて早急に取り組み、被災地の皆さんに伝えたいと考えています。

 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報