ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 17/01/15


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2017-01-15 2017地震・石綿・マスク支援プロジェクトin神戸
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 1995年に甚大な被害を及ぼした阪神・淡路大震災から22年。建物の倒壊や解体作業で飛散したアスベスト(石綿)の危険性を伝え、今もなお残るアスベスト建材が使用された建物の解体・撤去による人的被害の防止を啓発するため、「2017地震・石綿・マスク支援プロジェクトin神戸」を展開しました。
 1月15日、当センターと中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会のメンバーら約20名が、神戸三宮のマルイ前に集まり、午前10時から活動を開始。
 当日は気温2℃という厳しい寒さで、神戸では珍しく雪がちらつくなか、アスベスト用の防じんマスクと啓発チラシ1000枚を配布。通行する人々に、アスベストの危険性を知ってもらい、過去の話として終わったものではなく、現在、そして未来においても深刻な健康被害が生じる恐れがあること、そしてアスベストを吸わないための対策がこれからも求められることを訴えました。
 ゲストとして、兵庫県のマスコットキャラクター「はばタン」が登場。大人だけでなく、通行する子供たちにもアスベストという危険物質を知ってもらうきっかけとなりました。
 私たちは今後も、震災等災害時のアスベスト粉じんから適切に身を守ることの重要性や、日常生活において身の周りの建物のどこにアスベストが使われているのか把握する大切さ、そして家庭・学校・地域ぐるみでアスベスト用防じんマスクを備蓄する必要性を訴えていきます。


 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報